Just another WordPress site

WordPress

未分類

薄毛が気になる方は できるだけ禁煙に努めるほうがよいでしょう

投稿日:

薄毛が気になる方は できるだけ禁煙に努めるほうがよいでしょう

ブラッシングのタイミングと正しいやり方を守ってこそ血行を促進して薄毛予防につながります。
ブラッシングのタイミングはだいたい一日3~4回。
シャンプー前に汚れや抜け毛を落としてシャンプーやコンディショナーの効果を上げます。
洗髪後は、絡まらないようブラッシングして切れ毛を防ぎ乾くのを早めます。
ヘアスタイルを整える際、整髪料をつける前にブラッシングすると整髪料の成分の効き目が良くなります。
寝る前も、適度な刺激を頭皮に与えて緊張を解き、リラックスできます。
ブラッシングの正しい方法は、まずゆっくりと生え際から頭頂部へそして頭頂部から毛先方面にブラシを動かします。
次に毛先のみを優しくブラッシングしてから、髪全体の流れを整えます。
急いでいたとしても「優しくゆっくり」がポイントです。
強く早く行うとキューティクルが剥がれて髪だけでなく頭皮も傷めてしまうので気をつけましょう。

円形脱毛症や、甲状腺機能低下症といった病気に伴う脱毛をのぞけば、男性の薄毛のほとんどはAGA(男性型脱毛症)です。その原因は男性ホルモンにあります。
頭髪の根元にある毛乳頭にはホルモンの受容体があり、運ばれてきたホルモンによって、発毛や脱毛の指令を出しています。
「テストステロン」という男性ホルモンは、頭皮にある「5αリダクターゼ」という酵素とくっつくことで「DHT」という男性ホルモンに変わります。このホルモンが毛乳頭の受容体に結合すると、脱毛の指令が出されるのです。
DHTは誰もが持っていますが、量が多かったり作用が強かったりする人は、脱毛の指令が多く出ることになり、薄毛になりやすいのです。

薄毛になる原因はさまざまありますが、男性の場合、AGA(男性型脱毛症)がよく知られています。CMなどでもその名前を目にすることが多くなり、ご存じの方も多いでしょう。

まず、自分自身の頭頂部や前頭部の状態を見てみましょう。薄毛のほとんどはこの部位から毛が細くなっていきます。

薄毛になるタイミングですが、思春期ごろから進行する人もいれば、50代ころから徐々に薄くなるという人もいるなど、年齢に関係なく起こりえるので油断は禁物です。薄毛や抜け毛に悩みを持ったら「AGA外来」を置いている病院も多数ありますので、専門医に相談してみるとよいでしょう。

AGAになると、まず起こるのが髪の軟毛化。髪のサイクルには、髪が伸びる「成長期」、成長が止まる「退行期」、自然に抜け落ちる「休止期」があり、一般的に2~6年で一周します。
通常は、このサイクルの中で髪は太く長くなっていきますが、DHTの作用が強いと脱毛の指令が強くなり、細くて短いままで抜けてしまいます。つまり、太くて長い毛が減り、成長しきっていないやわらかい毛だけになって、軟毛化するのです。
「この部分が気になる」という部位において20%以上の軟毛化が認められると、AGAと診断されます。
なお、男性の場合、そり込み部分が薄くなったり、頭頂部が円形に薄くなったりすることが多く、俗に「M型」「O型」などとも言われますが、薄毛の形によって原因が異なるわけではありません。

髪を洗いすぎると薄毛になると信じて、2日に1回だけ洗う方も多いようです。しかし、シャンプーの正しい方法は、1日に2度洗い。

ポニーテールなど、髪を引っ張るヘアスタイルは、髪と頭皮への負担がかかり、精神的ストレスで自ら髪を引き抜いてしまうトリコチロマニーという脱毛症と同じような脱毛が起きやすく注意が必要です。また、同じ分け目を長く続けたり、ロングヘアーなども同様です。髪型による薄毛を避けるには、髪型や分け目を工夫して頭皮にかかる負担を軽減することが大切です。

チェックしてみて髪の毛のボリュームが感じられない、鏡を見て頭皮が透けて見えるようであれば、それは薄毛のはじまりと考えられます。若さと今ある髪の毛を保つために早めの対策が必須です。

髪の毛をブラッシングするのは単純に寝ぐせ直しやヘアスタイルを整える目的だけでなく他にも重要な役割があります。
ブラッシングは、からまった髪の毛をほぐし、汚れを取り除いて
頭皮全体に皮脂をゆき渡らせます。
またマッサージ効果もあり、ブラッシングによって頭皮に刺激を与え血行を促進して頭皮環境を整えます。
ブラッシングの習慣こそが、薄毛予防になるのです。

AGAやFAGAの原因は、ほとんどが遺伝だと考えられます。男性の場合、父親の髪と比べがちですが、実は母親側の影響が強いのです。というのも、薄毛は8割方が、X染色体上にある遺伝子の関与で起こるためです。性染色体は、男性がXY、女性がXXで、男性のX染色体は、必ず母親からもらっています。そのため、母方の祖父や親戚に薄毛の人がいた場合、自分もAGAになるリスクが高いといえます。
一方、女性はX染色体が2つあり、1つが薄毛の遺伝子でも、もう1つがそうでなければ、薄毛にはなりません。
遺伝というと、悲観的な気持ちになるかもしれませんが、薬の使用でよくなる例もかなり多く、日常生活でできる工夫もあります。そのためにも、早めに気づき、手を打つことが大切です。

近年増えつつある電子タバコに関しては、まだその影響がよくわかっていませんが、従来型の火をつけるタイプのタバコは、脱毛に影響があるといわれています。諸説ありますが、喫煙本数が1日に20本以上の男性は、そうでない男性よりもAGAにかかるリスクが高いという報告も。薄毛が気になる方は、できるだけ禁煙に努めるほうがよいでしょう。

髪の変化は、多くの人が加齢とともに増える悩みの一つ。特に薄毛は、外見上の印象を大きく左右するため「どうにかしたい」と感じがちです。薄毛は、男性では早ければ思春期以降に始まり、成人男性の約3割に見られ、女性にも現れる症状。薄毛の基本や対処法を知り、髪を少しでも若々しく保ちましょう。

女性の薄毛は、男性と比較するとより複雑で、原因と治療法が確立されていない面も多いのですが、やはり大半は女性版AGAの「FAGA」(女性男性型脱毛症)だといえます。女性でも男性ホルモンは分泌されているからです。
女性の場合、男性ホルモンは副腎皮質でつくられ、分量は男性の10分の1から20分の1程度ですが、その作用が強いと薄毛になってしまいます。早い人では20代後半くらいから見られますが、特に増えるのは閉経後。閉経すると女性ホルモンが減り、相対的に男性ホルモンが増えるためです。
女性の場合、「M型」「O型」のようになることは少なく、髪全体が薄くなり、中が透けたような感じになるため、「瀰漫(びまん)性脱毛」などと呼ばれたりします。

「頭皮の皮脂を取り除くケアは、必ずしも全ての人に適しているわけではありません。その症状がひどいかゆみや、切れ毛、薄毛、または乾癬や湿疹の場合には、症状の悪化を防ぐために、自分でケアする前に皮膚科医の検診を受けるべきです」とゴールデンバーグ医師。

-未分類
-,

Copyright© WordPress , 2019 All Rights Reserved.