Just another WordPress site

WordPress

未分類

薄毛・抜け毛の原因はいろいろ

投稿日:

煙草は薄毛の原因になると言われています

しかし、薄毛が進行している場合は、医療機関での適切な治療に加え薄毛の進行を遅らせる生活習慣を送ることが大切です。特に気をつけたい生活習慣は、食生活と運動、そして頭皮ケアです。

現在は、薄毛専門のクリニックも増えています。性別を問わず、薄毛が気になり出したらAGAクリニックや薄毛外来で医師の判断を仰ぐ ことが大切 です。

煙草は薄毛の原因になると言われています。煙草は、イライラした時や休憩中、お酒を飲んでいる時に吸っているという人も多いのではないでしょうか。イライラやストレスを解消するために煙草を吸うとも考えられます。煙草には体に有害だと言われる物質がたくさん入っています。
その中でも特に髪の毛に大きな影響を与えそうなのは、ニコチン、タール、一酸化炭素の三つです。

ニコチンは、煙草の依存症を引き起こす物質です。少し摂取すると錯覚作用があり、たくさん摂取したら鎮静作用があります。ニコチンは肺から吸収されて、血液と一緒に体中に広がっていきます。血管を収縮させ、毛細血管などの細い血管に血液が流れにくくなるのです。
タールは、肺につくと取れにくく、多くの発がん性物質を含んでいます。
一酸化炭素は、体内に吸収されると、ヘモグロビンと結びつきます。その結合力は酸素の200倍以上もあり、酸素と結びついていたヘモグロビンを奪います。
その結果、血液の中の酸素が不足し、体の中の組織が酸素欠乏を起こします。

この中でもニコチンは、血管収縮作用があり、頭皮の血行を悪くしてしまいます。血流が滞ることで、酸素や栄養素が届かなくなり、髪の毛が成長しにくかったり、髪の毛が作られなくなったりします。全身の血流が悪くなると、様々な部分で栄養素が奪い合いになり、生命維持に影響を及ぼす部分へ栄養が行ってしまいます。そのため、髪の毛は栄養が不足し、抜けやすくなります。

また、ニコチンは髪を作る時に必要なビタミンCを壊す作用があり、食事に気を付けていても髪が作られにくくなってしまいます。他にも、ニコチンが自律神経にも作用し、交感神経が優位になることで頭皮が汗をかきやすかったり、皮脂の分泌量が増えたりします。
煙草が薄毛に与える影響が大きいことがわかり、禁煙をしようと思う人もいるでしょう。煙草を吸ってから始まった薄毛には、禁煙することで血流が正常に戻ったり、頭皮環境がよくなったりして治る可能性もあります。
しかし、他の影響も考えられる場合は、禁煙だけではなく生活習慣を直したり、ストレスを減らしたりする必要もあるでしょう。また、ホルモンや遺伝が薄毛の原因になっている場合は、薄毛の治療を考えるようにしてくださいね。

薄毛・抜け毛の原因はいろいろ。もちろん、その症状もさまざまなものがある。

女性は出産・更年期などホルモンバランスが変化していきます。この変化で‘エストロゲン’という女性ホルンモンが減少していきます。
エストロゲンが少なくなると髪の毛全体的にハリ・コシが失われ頭頂部からボリュームが無くなってきます。
このように頭頂部、生え際の髪の毛が細く・ボリュームが無くなり、地肌が見えはじめてくることを『びまん性脱毛症』といい女性特有の薄毛になります。

また整髪料が頭皮につくと、汗や皮脂、ほこりなどとともに毛穴をふさぎ、髪の成長を阻害してしまいます。そのため整髪料を使う際は、薄毛を進行させないつけ方をするようにしましょう。

皮脂が出やすい、頭皮が乾燥しやすいなど、髪に良くない頭皮環境を持つ場合も薄毛が進行しやすいでしょう。特に皮脂が多い人は、毛穴に皮脂よごれが詰まりやすく、頭皮に炎症が発生したり髪の成長が阻害されたりします。

日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。近年は、女性の薄毛の悩みも増加する傾向にあります。背景には、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどの理由が考えられています。

シャンプーなし洗髪が合うかどうかは、頭皮や髪の体質によって人それぞれですが、皮脂過剰や薄毛が気になる人は一度試してみませんか。

女性の薄毛はさまざまな原因が複合しておこると考えられている。そのため、薄毛・抜け毛の診察・治療と同時に、心のケアを行うことも多いそう。

自分の後ろ姿を見る機会は多くないため、後頭部の薄毛にはなかなか気付けないかもしれません。しかし、一度後頭部の薄毛に気が付くと、他人の視線が気になりますよね。
後頭部は、男性ホルモンの影響を受けにくい部分なので、前頭部や頭頂部よりも薄毛になりにくいです。主な原因として、血行不良やストレス、生活習慣があります。
また、後頭部の薄毛はいくつかの種類が見られます。円形脱毛症は、ストレスが原因の場合や、自己免疫疾患、婦人病などが原因でも起こると言われています。精神的なケアが大切で、ストレスを解決することで治っていきます。

脂漏性脱毛症は、細菌やダニによって湿疹ができて脱毛します。枕などはいつも清潔な状態にして、新たな細菌やダニが発生しないように気を付けましょう。
他にも、栄養障害による脱毛は、無理なダイエットをしたり、バランスのとれた食生活が出来ていないことにより、毛根に栄養が届かずに髪が抜けてしまうので、栄養を考えた食事を取るようにしてください。

機械性脱毛症は、帽子を長時間かぶり続けたり、頻繁に髪の毛を結んだりすることで、毛包に異常が生じて髪の毛が抜けやすくなります。同じ部分にストレスをかけないように気を付けましょう。
また、瘢痕性脱毛症は傷などにより毛根が壊れて髪の毛が生えてこなくなります。髪の毛を増やすのではなく、髪型を工夫してカバーしていくようにするのがおすすめです。

カークランドは発毛を促進するミノキシジルが配合されています。
内服薬より、薄毛の症状が出ている箇所に直接塗れるので、ピンポイントでの薄毛改善 を期待できます。

睡眠に関しては、就寝中の成長ホルモンの分泌を増やすため、22時前には床につきましょう。成長ホルモンは髪の成長をサポートするため、薄毛の進行をストップすることにつながります。

すると、テストステロンの不足分を補うため、体内では薄毛を進行させる悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT) が生成されやすくなります。筋トレ種目を中心に運動すると、DHT対策ができる でしょう。

自分自身の体を知るのは意外と難しいけれど、最近では最新技術を使って、薄毛の原因を客観的に検査してくれる病院もある。まだ一般的な病院には普及していない検査だが、原因がわかれば、どう治療すればよいのかもわかる。もしひとりで悩んでいるなら、専門の医師に相談してみるのもよいだろう。

-未分類
-,

Copyright© WordPress , 2019 All Rights Reserved.