Just another WordPress site

WordPress

未分類

頭皮マッサージ器

投稿日:

頭皮マッサージ器

近年注目され、浸透してきたのが「頭皮が髪を育てる土台」という考え方。外側からの頭皮ケアだけでは満足しないことにあるので、髪のアンチエイジングとして大切なのは、食事などで取り入れる「栄養素」も重要だということ。

サロンでの頭皮ケアやホームケアは必須ですが、内面的な頭皮ケアも重要です。内面的なケアとは、デトックス栄養療法を基本にした、食事とサプリメントケアのこと。頭皮の状態に負担をかける有害物質をデトックスして、必要な栄養素をしっかりと取り入れる考え方です。そうした内面的なケアも欠かさないのが、美しい髪を保つ秘訣です。

また、自宅でできるヘア&頭皮ケアは、「頭皮を洗い、頭皮を乾かす」こと。シャンプーでは頭皮を洗う、ドライヤーでは頭皮を乾かす、これがが基本です。毛髪を擦り合わせる行為はキューティクルを損傷してしまいます。しっかりと指の腹を直接、地肌につけて毛穴を意識して洗髪することが大事です。スカルプマッサージも行うといいでしょう。

また洗髪後はドライヤーを使ってなるべく早く、髪と頭皮、それぞれに熱から守るオイルなどの商品を使ってから、素早く乾かすことが大切です。乾かすときのコツは、髪ではなく頭皮を乾かすのを意識すること。生乾きの状態のまま放置しますと、雑菌が繁殖してしまい、かゆみや頭臭など、さまざまな頭皮トラブルの原因となってしまいます。

美しく若々しい髪をキープするためには、生える「土台づくり」が重要なのです。

④ブラシの全面で頭の中央部分をツボ押し

眼精疲労に効くツボのある頭の中央部分を額側から後頭部に向かって、ギュッギュッとゆっくりブラシを押し当てていく。その後、位置を左右に少しずつずらしながら、同じように押し当て、計5列行い、頭皮をほぐしていきます。

「髪のアンチエイジング」で、いつまでも美しいヘア&頭皮に!

耳を囲うように5本の指を頭皮に当て、センターに向かって洗っていきましょう。5か所目で両手がちょうどぶつかるくらいがベスト。

頭皮をほぐせば顔があがる、小顔になる!

耳の上からスタートし、頭頂部で左右の指が交差するポイントが終点です。5本の指を頭皮に沿わせ、丸みのある頭部を意識して洗いましょう。

それぞれの頭皮タイプ別に起きやすいトラブルを事前にケアする方法は、いちばん身近な方法で言うと、シャンプーの選び方。

乾燥肌の人に関して言うと、しっとりと重めのシャンプーを使用することをおすすめします。すでに肌トラブルが出てしまっている人は、医療部外品のシャンプーなどもおすすめです。

また、このタイプの人は洗いすぎにも注意です。頭皮はシャンプー後3〜4時間で皮脂の状態が整うので、あまり洗いすぎると皮脂が少ない状態の時間を長くつくってしまうことになります。

オイリー肌の人関しては、さっぱりとしたクレンジング作用の強いシャンプーがおすすめです。

ニオイが出やすいのと、皮脂のせいでシャンプーの泡立ちが悪くなるので、毎日しっかりとシャンプーすることが大切です。

また、最近は頭皮をケアする保湿剤なども出ていますが、オイリー肌の人はギトギトしたクリームやゲルタイプのものは、使用せず化粧水のようなミストタイプが良いですね。逆に乾燥肌の人は、ゲルタイプの保湿剤などはおすすめです。

いずれにしても、クリームタイプの保湿剤に関しては髪につくとギトっとしてしまうので、クリームタイプはお風呂で使用して、普段の保湿はゲルかミストで、という方法が良いと思います。

②側頭部はギュッと引き上げて持ち上げる

人さし指と中指で耳を挟むように手のひらを広げる。5本の指でしっかり頭皮を持ち上げるようにし、5秒かけて地肌をスライドさせ、頭頂部で左右の指を交差させる。最後に髪の毛をひっぱるくらい持ち上げて。8~10回繰り返す。

1回たった2分の「シャンプーしながら頭皮マッサージ」

年齢を重ねることで、乾燥肌の人はより乾燥しやすくなり、オイリー肌の人も同じで、年齢とともに乾燥肌に近づいていきます。

それに伴ってカラー剤が合わなくなったり、パーマ液が沁みるなどのトラブルが起きやすくなったりします。

出産や閉経など、婦人科系の変化がある時も頭皮タイプが変化しやすい印象があります。そのタイミングで、円形脱毛症などのトラブルに悩まされる人も多いように思います。よく円形脱毛症になるとクリニックなどに通って何十万もかけるという人も多いのですが、もうなってしまったら生えてくるまで待つしかないのです。

③しっかりもんで頭頂部の弾力を復活!

写真のように、両手を組み、親指の付け根の関節を頭頂部にのせたら、頭蓋骨から挟むような気持ちで、グッと中央に寄せる。これを5回繰り返す。頭頂部がほぐれると、つながっている前頭部や側頭部などが動かしやすくなるので、しっかりと。

手のつくり方は、親指以外の4本の指を交差させ、親指の第一関節を曲げ、付け根を頭皮におくようにセッティングする。この親指の付け根の関節で頭皮をつかみ、もむ。

-未分類
-

Copyright© WordPress , 2019 All Rights Reserved.